すがの印刷の本づくり

本棚(本づくり)

自分史・家族史


洋子之遺作集 洋子之遺作集/笹川 勇

刺繍・編み物・生け花の作品を中心にまとめた追悼集。小学校の先生をしながら数々の習い事を楽しみ、華道・茶道・手芸で生活に彩りを添え、家族を大切にした洋子さん。各方面から寄せられた追悼文には思い出があふれ、在りし日が偲ばれます。
ゆずりは通信 ゆずりは通信/甲田 克志

ホームページの連載エッセイを単行本化。2000年から2005年にかけて書かれたもので、連載は現在も続けられています。147編、498ページという大作ながら、肩肘張らず、どこからでも読める内容。ただし、身辺雑記と侮るなかれ。ニュースの裏に鋭く切り込み、知的刺激にあふれています。
大空を見あげる 大空を見あげる/野口 ひさえ

―机の奥から六十年振りにさび色の日記が出てきた/自分が何を考え何を求めているのか/時代が流れ変化しても/この若き日の一冊の本をこれからも/生きる指針にしたい―昭和18年から19年にかけて国吉小学校(現・富山県高岡市国吉)に勤務していた頃の日記。ひたむきに真摯に生徒たち、そして人生と向き合う若き女性教師の記録。